google-site-verification: googlecd2bc0345add848c.html
山﨑賢人

【山﨑賢人】2019年3月発売【雑誌・内容】

キングダムの公開が近づいてきて、雑誌の発売ラッシュがきましたね。
ここでは、今年の1月~3月発売の雑誌についてまとめていきます。
購入を迷っている方の後押しになればいいなと思います。

日本映画navi vol.80 (2019/3/1発売):キングダム

●キングダム:27P、12ページ
●賢人くん:2ページ+α、8カット
●グラビア:劇中写真、カメラチェックの様子、吉沢亮くんと肩組んだ写真

●テキスト
・「キングダム」の信役で出演が決まったときの気持ち
・信をどういうキャラクターだと捉えているか
・巨大なオープンセットでの、咸陽宮・王宮の戦いのシーンについて
・佐藤信介監督との初仕事について
・アクションについて
・ジャンプ力
・最強の敵で元将軍の左慈を演じる坂口拓さんとの共演
・過酷な撮影について
・吉沢亮さんとの共演について
・漂が死ぬシーンについて
・撮影を振り返って

●キングダム現場レポート
・松橋プロデューサー:賢人くんが信にぴったり、賢人くんの愛されキャラ、信の役作りの壮絶さ
・騎馬隊が駆け抜けるシーンに用意された馬は100頭
・20日に渡った中国での撮影
・多いときは1日に700名のスタッフ、エキストラはのべ1万人
・ジャッキー・チェンのアクションチームが参加
・日本での撮影は4/30からスタート
・日本でのロケ地について

「漂が死ぬシーンで絶対に観客の心を鷲掴みにしないといけない。誰もが泣くような素晴らしいシーンを撮って欲しい」と原泰久先生からずっと言われていたという松橋プロデューサーは、「そこが心の重荷だったんですよね。でも山﨑さんと吉沢さんが素晴らしい演技をしてくれて、涙なしでは見られないシーンになりました」と手ごたえを語る。

・原作者の原先生自らが脚本に参加している
・資金面ではサンフォード・パニッチ(ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント、コロンビアピクチャーズ代表)が参加

感想・評価:★★★☆☆

キングダムについての雑誌ラッシュが開幕したなと感じる一冊。王宮のシーンの信と、亮くんと肩組んでいるときの屈託のない笑顔とのギャップがすごい。そして賢人くんの見所が、”ジャンプして斬るシーン””左慈との戦いの際の手を決めずに攻めるシーン”が楽しみでたまらない!!そして亮くんと「やってやろうぜ」と言い合い、一緒に撮影を重ねた後での漂が死ぬシーン・・・期待するなっていう方がむ~り~

TOHOシネマズマガジン(2019/3/14発行):キングダム

*東宝シネマズ公式アプリ(無料)からも読むことができます
*誤植があったようで、再設置は3月下旬になるとのことです

●11P、1ページ、1カット

●グラビア:ブラウンのブルゾン、バストショット、身体横向き、シャープな表情、真ん中分け

●テキスト

信の夢は”天下の大将軍になる”と、とてもシンプル。男として共感でき、演じるうえでも気持ちを込めやすかったです。どんな時代のどんな境遇になる人が観ても、力をもらえるはす。やっぱり『キングダム』最高です!

敵の首元に飛び乗って回転しながら蹴ったり、飛び乗った相手を倒してそのまま戦ったり。難しい動きが多かったですが、現場に入る3か月前から本格的にトレーニングを初めてできるようになりました。そうした場面ではワイヤーもCGも使っていません。なんといっても信は、”誰よりも高くとぶ男”ですから(笑)

気心の知れたお亮だからこそ、最初の修行シーンから楽しく演じられました。信が政と出会うシーンは、これまでにないほど気持ちを爆発させました。冷静にやり返すつもりだったらしいのですが、お亮もすごい熱量で返してきて。それがとても自然で、生ものの芝居のおもしろさを感じました

感想・評価:★★★☆☆

運良く回収される前に入手できたTOHOシネマズマガジン。アクションシーンの”CGも使っていません”がキュンとくる!トレーニングしてできるようになって、そこに自信をのぞかせる賢人くんが頼もしい。そして熱いすぎる熱量がぶつかりあった信と政が出会うシーンが楽しみ。

LocationJapan(2019/3/15発売):キングダム

●3P、7ページ、7カット

●グラビア:黒のスウェットプルオーバー、「JOHN MASON SMITHのストライプパンツ」、真ん中分け
①組んだ腕に右頬乗せて、顔ドアップ
②上からのアングルで、振り向きざま
③顔アップ、カメラ目線
④顔アップ、目線右
⑤右手ポケット、凛とした立ち姿、目線左、全身
⑥腰掛けて、左手ポケット、右手を左首へ
⑦顔アップ、右手を左首へ

●テキスト:キングダム
・賢人くんにとって大切な思いでになった、あの作品のあのロケ地
・プレッシャーとその乗り越え方
・気合マックスのアクションシーン
・体重の変化について
・滞在先でのジムでのエピソード

僕のスイッチを入れたのは『キングダム』という作品が持つパワーだと思います。監督も、信とはどういう人物か、映画ではどう描くか、どいうことを最初に話し合った後は、僕に信になることに没頭させてくれました。幸せな現場だったと想います

・浙江省の象山での壮大なオープンセット
・製作陣の苦労を労いつつ、大規模な中国ロケの成果
・中国ロケでの共演者やスタッフとの絆の深め方
・原泰久先生が食事で熱く語った漂の絶命シーン
・日本でのロケの方が過酷だったエピソード
・九州で亮くんと食べた馬刺しのおいしさが印象に残っているとのこと
・「ロケ地」について
・映画の見所
・亮くんと初めて完成映像を観たときのリアクション

続編、絶対やりたいです。100%、300%、500%、いや1000%やりたい!

感想・評価:★★★☆☆

原先生と一緒に食事したんだ~そこで漂が亡くなるシーンの重要性を直接説かれたのか~。撮影がその後だったのか~。そんなワクワクすることある??そしてそのシーンを観て原先生が号泣したんだよ!!!ワクワクが止まらない~

今後発売・発行される雑誌

Cut 2019年4月号(2019/3/19発売)
Clubism 2019年4月号(2019/3/19発売)
・non・no 2019年5月号 (2019/3/20発売)*コンパクト版表紙
・FILT(フィルト)97(2019/3/20発行)
TVガイドdan vol.23(2019/3/22発売)*表紙

美的 2019年5月号(2019/3/22発売)
Ray 2019年5月号(2019/3/23発売)
TVBros 2019年5月号(2019/3/23発売)
月刊ザテレビジョン 首都圏版 2019年5月号(2019/3/23発売)
デジタルTVガイド 2019年5月号(2019/3/23発売)
Cheek 2019年5月号(2019/3/23発売)

こんな記事もおすすめ